ちそうにて「水前寺菜」の監修記事を公開!

広く流通はしていませんが、「水前寺菜」(すいぜんじさい)という葉物野菜があります。

葉の表は緑色で、裏面は紫色。形はやや細長く軽いギザギザがあることが特徴です٩( 'ω' )و 

江戸時代に日本に伝わったと言われていますが、もともと熊本県の水前寺地区で栽培がはじまったことからこの名前がつけられました。

また、石川県金沢市では「金時草」と呼ばれ、伝統的な加賀野菜のひとつです。

ほかにも沖縄県では「ハンダマ」、愛知県では「式部草」と呼ばれています✨✨
記事はこちらです♡